足立区から葬儀を変えていく燈が考える自宅葬のメリット

足立区を中心にご葬儀プランをご用意している株式会社東京自宅葬儀社 燈では事前相談やお見積もりの作成で安心していただくことをお薦めしております。

事前に葬儀のカタチを想定しておくだけで、気持ちが違います。是非、終活の一環てして事前相談をご利用下さい。

豊富なサービスと高品質な対応から皆様のご葬儀を事前からお手伝いしてまいりますので、信頼と実績ある葬儀社にお任せください。

費用の軽減と貴重な時間

自宅葬のメリットとして、まずあげられるのは大切な方との最期のお時間を最大限共有できるということです。生前のお姿をされている故人様とご対面できる残されたわずかな時間をご自宅という、他に気を遣わず最も安心できる場所で過ごすことができるのです。

 そして、そこには費用がかかりません。民間の斎場などですと、式場使用料といたしまして20万円~40万円がかかります。また、市営の斎場でも使用料金は少なからずかかります。また、葬儀までの間の安置料金も日ごとにかかります。ご自宅での葬儀でしたら、それらの費用が削減されます。

 そして、民間の斎場ではなく葬儀社のホールや式場で葬儀を行う際にも式場使用料がかかります。各社プランや使用料の金額は違いますので、【式場使用料無料】や【式場使用料割引】などの文言にだけ目をやらずに、その分が他のプラン料金のなかに割高なものがないかなどもお考え合わせいただけると良いかと思います。

規模の確定

ご自宅というプライベートな空間でのご葬儀となると、ご葬儀に参列される方も限定的になります。斎場や葬儀式場はそもそも会葬者をお迎えするように作られておりますが、自宅はそうではありません。ご家族でのお時間というものがおのずと重要視され本当にお別れをしたいという想いの強い方だけが弔問に来られるというカタチになるかと思います。

 もし、ご弔問に来て頂ける方が多少多くても、時間を調整すればご自宅であっても相当数の会葬者にきていただくことができます。 

 さらに、会葬者の方が『お邪魔する』という感覚をもって頂けることで、ご家族だけが過剰に気遣いをする必要がなくなります。

 何よりも、ご弔問に来られる方からご連絡があると思いますので、どれだけの方が来られるかがわからないということにはならないことが多いです。

 葬儀においては、人数の換算というものが非常に難しく、失礼がないように多めに用意を促される。それによって必要以上に費用が掛ってしまうことも多いのです。

不安の軽減とそのご家族らしさ

斎場や式場といった慣れない場所。そして葬儀という慣れない風習。そうした状況の中では大切な方とのお別れに集中することができないのではないでしょうか?それに対して、自宅とは日常そのものです。安心そのものがそこにあります。斎場でも想い出コーナーを飾ったりもしますが、想い出がたくさん詰まったその場所から送り出すということの安心感を思い浮かべてください。

 さらに、自宅というものはそのご家族ならではのものです。家具の置き方やぬくもり。全てにおいて2つとして同じものはないと言えるでしょう。そのご家族、そのご家族の唯一無二の送り方であたたかく送り出していただくことができるのです。

 そして、それはオンリーワンのものですから誰と比べる必要もなくそのご家族だけのものです。そこにその“ご家族らしさ”があり、それこそがあたたかくて幸せなお葬式なのです。

 弊社は足立区の小さな葬儀社ですが、故人様と残された方達とのご縁を紡ぐという使命はとても大きなものだと考えております。弊社スタッフ一同、心を尽くしてお手伝いさせていただきます。