直葬の流れについてご質問をいただきました。

葬儀プラン

先日、足立区で葬儀をお考えの方から直葬の流れについてのご質問をいただきました。

 

 

近年よく耳にするようになった【直葬】という言葉。

葬儀のカタチでは一番シンプルなものとなっております。

 

 

直接荼毘に付されるといったニュアンスでこの言葉を使用している

葬儀社が多いかと思います。

 

 

そして、言葉として冷たく感じる表現でもあるので、この【直葬】という言葉を使用しない葬儀社もあるようです。

 

 

一般的には、それぞれの葬儀社のプランの中で最安値の料金プランになっていることが多いです。

 

 

そのため、人件費なども極力かからないようにご安置している間の面会なども制限している葬儀社もございますのでご注意ください。

 

 

直葬の流れといたしましては、故人様がご逝去された場所、例えば病院や施設などに葬儀社がお迎えに参ります。

 

そして、葬儀社にある霊安室や火葬場に隣接した霊安室に搬送されます。

 

 

その後、お打ち合わせをし日程などをお決めします。

直葬の場合、決めなくてはならないことが多くないのでお時間はそれほどかからないことが多いです。

 

 

そして、次に故人様とお会いするのは火葬の当日。そして、荼毘に付された後、お骨あげをしてご自宅にお戻りいただくという流れになります。

 

 

弊社では、亡くなられた日から、できれば最低でも中1日はあけて火葬の日程を組むことをお薦めしております。

 

 

もちろん事前にしっかりと決めてあって、そこにお考えがあるのであれば話は別です。

 

 

しかし、故人様が亡くなられる前後のお時間は、ご家族の皆様にとっては過酷なお時間となります。そうした状況で冷静でいることは難しいと思います。そのため、1日経って冷静になったらやはりこうしたいということがでてきたりすることもあるかと思います。

 

 

足立区周辺の四ツ木斎場・町屋斎場・谷塚斎場などでは面会の時間が決まっていて、その時間内であれば受付に行っていただき面会をしたいと言っていただければ面会ができますが葬儀社の霊安室の場合は、各社プランの内容は異なるのでご確認ください。

 

 

直葬では、故人様と面会できる回数が少ないことが多いので、お柩に入れて差し上げたいものなどお忘れものがないように、リストアップしておいた方が良いかと思います。

 

 

今回も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

 

 

このご縁に心から“感謝”です。