東京自宅葬儀社 燈が推奨する自宅葬・家族葬について

自宅葬

 最近、自宅葬を選ばれる方が非常に増えているように感じます。

コロナ禍ということもあり、本当に近しいお身内様だけでご葬儀をお考えの方が多いということもあると思います。

 

しかし、お打ち合わせの中ででるお話からすると理由はそれだけではないようです。

 

親戚といっても、本当にお付き合いのある親族というのも限られていてご近所の方の方がよっぽどお付き合いがあるというお話をよくお聞きします。

 

 

コロナによって、行動制限や自粛が促され多くの方が色々と深く考える時間も増えたんだよね・・・というお言葉をいただきました。

 

もともとは、自宅から送り出す“自宅葬”というのが当たり前でした。

 

燈が考える自宅葬

 

それが時代に流れと共に、貸し式場や葬祭場などの場所を借りて行う様になりました。

 

 

それと同時に、ご葬儀が故人様を偲ぶだけのものではなくなってしまったような気も致します。

 

 

そして、そのような変化に気付いた方達が“家族葬”という流れを作りました。

 

しかし、そこにはシンプルに家族の想いが一番強い!という気持ちだけではなかったような気がします。

 

葬祭場や貸し式場で行う御葬儀は、葬儀社が主導で行われる傾向が強く、費用も高くなりがちでした。

 

広い間口の式場⇒綺麗な祭壇⇒人をたくさん呼ぶ⇒返礼品・通夜振舞・精進落としの数が増える

 

といった構図ができやすかったのです。

 

費用を少しでも安くするため。そんな想いが“家族葬”という言葉を作り上げた面も多分にあると思います。

 

しかし、東京自宅葬儀社 燈が推奨する“自宅葬”は家族葬の理想のカタチだと考えております。

 

 

何となく、時代の流れで・・・といった感覚ではなく吟味したうえでお見送りのカタチを選んで頂きたいと思います。

 

一日葬、直葬、火葬式、家族葬、密葬、一般葬と色々な言葉や区分けがなされていますが、ご家族がこんな風に送り出したい!と考えたカタチが全てだと思います。

 

今ある、区分けに縛られずにそのご家族らしいお見送りのカタチを創りあげるお手伝いを是非させていただきたいと思います。

 

その選択肢の中に、燈の推奨する自宅葬も是非入れて頂きたいと思います。

 

 

例えば、式は行わずに数日間を過ごし、その中で想いの深い方にはお別れをしていただく。お通夜とか葬儀式といった言葉に縛られずに・・・。

 

多くの方は、お経をあげる時間にお焼香をするということに縛られがちですが、それぞれ信仰する宗教があったりなかったりします。その中でお別れをしていただくのであれば、お式の時間に縛られる必要はないと思います。

 

色々と考えてみると、変えていけるところはたくさんあるかと思います。燈が考える“自宅葬”に関しましては、是非、もう一つのページを熟読して頂きたいと思います。

 

 

燈が考える自宅葬

 

今回も最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございます。

このご縁に心から“感謝”です。

  • 自宅葬

  • お問い合わせ