家族葬で自宅からのお見送り

自宅葬

足立区で家族葬のお手伝いをさせていただきました。

 

以前お手伝いさせていただきましたご葬儀のお話です。

 

 

『初雪草』という植物がお好きだったというお祖母様がお亡くなりになりました。

 

 

とてもオシャレなお祖母様で、お出掛けになるときには身だしなみを整えるの1時間以上おかけになっていたとお聞きしました。

 

 

そんなお祖母様がお好きだったのが

『初雪草』という植物だったそうです。

 

 

お祖母様がお亡くなりになった日は雪が降っておりました。

 

 

こんな季節に咲く植物なんだろうなぁと思って、調べてみると

なんと7月、8月の夏に花を咲かせる植物だということが

わかりました。

 

 

この名前の由来は、花が咲く夏の頃、上の写真のように

雪化粧をしたように、葉が緑と白のコントラストで彩られるため

『初雪草』

という名前になったそうです。

 

 

そして、日本だけでなく世界各国でこのお花は切り花として

花嫁さんに贈られるお花だそうです。

 

 

その花言葉はポジティブなものが多く

・「祝福」

・「穏やかな生活」といったものが有名だそうです。

 

 

お孫様達はこの初雪草を何とかお祖母様のためにご用意したかった

そうなんですが、季節がズレていたこともありイメージ通りの

初雪草を用意することができませんでした。

 

そこでご葬儀の日の朝、初雪草の種を買ってお孫様たちに

お届けし4月から5月あたりに庭に植えて頂くようにお願い

しました。

 

 

お坊さんに読経して頂いている間、経机には初雪草の種。

 

 

一緒にお経をあげてもらって、お祖母様の魂と一緒に

お庭に咲いてくれたらという願いをこめて置かれたそうです。

 

 

本当にお孫様たちから愛されていらっしゃったお祖母様。

 

 

お柩の周りには、たくさんのお写真。

 

 

中でも、飛びきりの笑顔を浮かべていらっしゃるのは

お孫様たちとのお写真。本当に可愛くて仕方ないという様子が

写真からヒシヒシと伝わってきました。

 

 

ご自宅で過ごされた3日間、お孫様達はお祖母様にたくさん触れてたくさんお話をしたそうです。

 

 

そして、とても字がお上手だったというお祖母様から習った

習字で思い思いのお言葉を半紙に書きお祖母様の胸元に納めて

いらっしゃいました。

 

 

お祖母様から受け継いだものは、たくさんあるそうで、

習ったことの発表会の様になっておりました。

 

 

そして御出棺のとき。

 

 

玄関を出て行くとき、

『おばあちゃん、ありがとう』という一声を皮切りに

お孫様たちは堰を切ったように感謝の言葉を溢れる涙と共に

贈っていらっしゃいました。

 

 

ご自宅での葬儀を全く想定していらっしゃらなかったという

ことでしたが、最高の送り出しができたよ!という嬉しいお言葉をいただくことができました。

 

 

今回も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

 

 

このご縁に心から“感謝”です。