足立区の方で自宅葬の時に嫌な思いをされた事例

自宅葬

前回に続き、病院に入っている葬儀社に依頼して嫌な目に合われた方のお話を書かせていただきます。

 

 

お母様を亡くされ、病室で待っていると白衣を着た男性が2人

やってきてお母様をストレッチャーに移し霊安室へと移動されたそうです。

 

その間に、葬儀社の手配はできてますか?と聞かれ、その時点ではまだだったので、『まだです』と伝えると、霊安室をこの後も使うのですぐに搬送しなければならないので、とりあえず我々が承りますと言われたそうです。

 

 

ご自宅に到着すると、すぐに葬儀の見積り書を渡されたそうです。

 

 

何も話していないのになんで見積りをだせたの?と思ったそうですがとりあえず受け取ってみたそうです。

 

 

記載された金額をみて、目が飛び出しそうになったそうです。

 

 

ご家族だけで、自宅での葬儀を考えていらっしゃったそうですがなんと180万円という金額が目に入ったそうです。

 

 

そこで、自宅で葬儀をしたいということをお伝えすると、少しは下がりますよと言われ、金額を見てみると160万円と書かれていたそうです。

 

 

そこで、お孫様たちが勢力を上げて葬儀社を探して辿り着いたのが燈でした。

 

 

すぐにご自宅に伺い、お見積りをすると弊社の見積り金額は

42万円弱でした。

 

 

そのお見積りをお見せすると、

『この他に、おいくらかかります?』と聞かれました。

そのお見積りには、火葬料金もお骨壺も含まれておりますし、

ご家族のご希望の花飾りやお別れのお花、ラストメイクなども

入っておりましたので、これ以上にかかることはないですと

お伝えしましたが、中々信じていただけませんでした。

 

 

 

結局、弊社にご依頼していただきましたが、そこからまた大変なことがありました。

 

 

依頼を弊社に移す前に、搬送料金や枕飾りなどの料金を聞いて

おいた方が良いですよとお伝えすると先方の葬儀社は、

はっきりした金額はまだ言えませんという対応。

 

 

おそらく、搬送と保全処置と枕飾りのセットで5~6万だと思いますが

また、担当から連絡をさせますと言われたそうです。

 

 

そして、翌日、その担当者から連絡が入り、

昨日のお話では、5~6万といわれたのですが、おいくらですか?

と聞くと、ご葬儀はどうされますか?と質問返しされたそうです。

 

 

そこで、別の葬儀社に頼もうと思っている旨を伝えると

昨日の見積りからもう少し値引きをするとか、お花を増やすなどの提案をしつこくされたそうです。

 

 

それでも、はっきりとお断りする旨を伝えると

それでは、昨日の搬送料金と諸々で17万円になりますと言われたそうです。

 

 

あまりにも、金額が増えたので驚いたそうですが

お孫様は冷静に一応、消費者センターに相談して再度連絡

すると伝えたそうです。

 

 

すると、こちらももう一度間違えがないかを確認してすぐに

折り返しますと言われ、提示された金額は7万円だったそうです。

 

 

病院に入っている葬儀社に勝手に搬送されて、請求された金額が驚きの金額・・・不信感を抱くのは当然のことだと思います。

 

 

その葬儀社は、葬儀が別の会社になるのなら、搬送したところまででなんとか利益をだそうとしたのでしょう。

 

 

病院に入っている葬儀社全てが、そうだとは言えませんが

この事例では、色々なことを考える時間すらなかったと思います。

 

 

こうした嫌な思いを、大切な方の最期の時にするというのは

本当に辛いことだと思います。

 

 

葬儀について考えることは、楽しいことではないと思いますが

こうした嫌な思いをしないためということも頭の片隅にでも

おいていただけるとありがたいです。

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

今回も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

 

 

このご縁に心から“感謝”です。