家族葬を葬儀場で行いたいという事前相談

家族葬

足立区で葬儀をお考えの方から、

『家族葬を行いたいんだけど、どこの葬儀場でできる?』

という事前相談をいただきました。

 

 

弊社は、最寄り駅が葛飾区の亀有になりますが、駅付近やその他の場所にも葬儀社が運営している葬儀場があります。

 

 

事前相談などでお話をさせていただくと、勘違いをされていらっしゃる方が結構いるのですが、各葬儀社が運営しているホールや葬儀式場は、その葬儀社しか使えないのがほとんどです。

 

 

そして、たまにいらっしゃるのが、四ツ木斎場や町屋斎場で葬儀をされた方で、四ツ木斎場や町屋斎場を葬儀社だと思っている方。

 

 

これらの斎場は、お式を行う式場や待合室を提供してくれている会社です。

 

 

各葬儀社が申し込んで、その式場を使わせて頂いているのです。

 

 

弊社は、式場を持っていないので葬儀場で葬儀を行いたいということになりますと、四ツ木斎場や町屋斎場、谷塚斎場といった近隣の民間の斎場をお借りして葬儀を行うことになります。

 

 

これらの斎場は、火葬場が隣接しておりますのでお通夜や葬儀式を斎場で行って火葬に向かう時の移動がしやすいのが最大の利点です。

 

 

また、弊社がとてもお世話になっております葛飾区立石の“想送庵カノン”さんのような民間の貸し式場でも葬儀を行うことができます。

 

 

上記のようなことをお伝えして、葬儀の際にどれくらいの方にお声をかけるかということをお聞きすると、ご家族の8名にご近所の3~4名に送ってもらえれば良いかな、ということでした。

 

 

そこで、自宅でのご葬儀はいかがですか?とお聞きすると

『家でなんかやったら、大変でしょう?』

と言われましたので、自宅葬についてご説明をさせていただきました。

 

 

お布団を一枚敷ければ、ご安置ができること。

祭壇を飾ることもできるし飾らないこともできること。

そして、故人様と最大限そばにいることができること。

などをお話させていただきますと、ちょっと家に来て!ということになりまして、ご自宅を拝見させていただきました。

 

 

お飾りをするお部屋は、1階の8畳の和室でした。そしてお棺の大きさを考えての導線も問題ありませんでした。

 

 

すると、ご相談頂いた奥様の想像がどんどん膨らみ

『ここに、淡い色合いのお花を飾って』

『この廊下にもお花置ける?』

などなど、頭にイメージがわいたご様子でした。

 

 

そして、

『住み慣れた家から、旅立てるのは幸せなことね』

と言っていただけました。

 

 

事前に色々考えるのは、なんか暗くなりそうで嫌だなぁと思っていらっしゃったそうです。しかし実際に、話をしてみるとイメージがわいてきて、ご家族にこんなメッセージを残したい!とか、孫にこんな風に思われたい!といったことも頭に浮かんで、頑張らなきゃと思えたそうです。

 

 

こんなお話をしていただけて私もとてもありがたかったです。

 

 

事前にご自身の葬儀について考えること。それは、とても勇気のいることだと思います。

 

しかし、ご家族のためにもそしてご自身のためにもお元気なうちに考えておくことは重要なことです。

 

 

ご相談、お問い合わせがある方はお気軽にご連絡ください。

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

今回も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

 

このご縁に心から“感謝”です。