家族葬であたたかいお見送りをするには

家族葬

足立区でご葬儀を考えていらっしゃる方から、どうやったらあたたかい葬儀になるかな?というご相談をうけました。

 

 

冷たく送ろうなどと考えるご家族はいらっしゃらないと思います。

では、なぜこのような質問をされるのでしょうか?

 

 

以前、同じ足立区の方で一般的に言われる“直葬”というカタチでご葬儀をされたご家族様がこんなことを言っておりました。

 

『本人の望むカタチを事前に聞いていたので、気持ちよく送り出すことができました』

 

この、言葉の意味は非常に大きいと思います。

 

 

事前に、葬儀について考えておくことがいかに重要かということです。

 

 

大切な方がご逝去される時まで、葬儀について何も考えていなかったとします。想像もできない、悲しみや喪失感を抱えた状態でも、葬儀を行わなければなりません。

 

ご本人がどのような葬儀を望んでいたのか?ということは、もはや聞くことはできません。何をすれば良いのか?そして何ができるのか?ということをその時点から考え始めます。

 

 

本当に、親身になって打ち合わせをしてくれる葬儀社の担当者であれば良いのですが、淡々と当たり前の様に打ち合わせを進めていく方も少なくありません。

 

 

この状況が作り出してしまうのが、アンケートの中にもよく出てくる

『何がなんだかわからないうちに終わってしまった』

というご意見につながるのです。

 

 

ご自身や大切な方について、『葬儀をどのように行う?』ということを話し合うということは、辛いことですし縁起でもないと考える方も多くいらっしゃいます。

 

 

しかし、人間の致死率は100%です。人間に限らず、カタチあるものは必ず最期の時を迎えます。その時に、残された大切な方々のためにも“家族会議”のような話し合いの場を設けることは重要なことだと思います。

 

この話し合いを持たなかったために、大切な方との最期の時が悔いの残るものになってしまうというのは残念なことです。

 

 

そのために、弊社がお薦めしているのは自ら進んで考えるということです。

 

『もし、私(自分)が死んだら、家族だけで家から送り出してほしいんだけど、お爺ちゃんはどう?』

『もしもの時に備えて、銀行口座や保険について、子供達がわかるようにノートに書いておいたんだけど、お父さんもやって置いてよ』

などです。

 

 

終活というものを、高齢の方が考えるもののように捉えず、誰にも等しく訪れるというカタチで捉えていただくことが大事だと思います。

 

このようにして、事前に葬儀のカタチや費用などについて決めておくことによって、気持ちは故人様への想いに集中することができます。

 

 

ここまでくれば、『どうすればあたたかい葬儀ができるか?』と事前に考えて下さっているような方なら絶対にあたたかいご葬儀ができるはずです。

 

 

1つ言わせていただけるのであれば、“特別である必要はない”ということです。そのご家族らしさで、そこに想いがこもっていればあたたかい葬儀になると思います。

 

 

今回も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

 

このご縁に心から“感謝”です。

 

 

お問い合わせはこちら