家族葬を自宅で行うという選択

家族葬

今までに足立区や葛飾区で家族葬をご自宅で行ったご家族の

多くは、

『こんなお葬式を自宅でできるとは思わなかった』と仰います。

 

 

最初から自宅葬を想定していたのではなく、どうしたら良いのかが

わからなかったというのが率直なご意見のようです。

 

 

『家族葬だけど、やっぱり式場でやるのが当たり前だよなぁ』とか

『家(自宅)で葬儀を行うのは寂しくなりそう・・・』と考えて

いらっしゃった方が多いということが、葬儀後のアンケートで

わかりました。

 

 

確かに、普段生活している空間で“お葬式”というセレモニーを行う

ことを想像すると寂し気に思えてしまうかもしれません。

 

そして、十分なスペースがとれるのか?などのご不安も生じるかも

しれません。

 

でも、故人様の身になってみて下さい。

 

 

ご家族が生活をしている中に、ご安置していただくことが

何より安心なのではないでしょうか?

 

 

全くしらない霊安室や安置所で、一人きりにされるよりも

少しでもご家族と同じ空間にいたいのではないでしょうか?

 

 

ご自宅という、普段の生活を送る場所ですから

もちろん広さや使用できるスペースに制限があるのは当然です。

 

 

しかしその普段の生活の中に元々、故人様はいらっしゃったのです。

 

 

ですから、限られた空間の中でいつも通りの場所から送り出す

ということは何よりも温かいのではないかと思います。

 

 

それらのことを、事前に想定しておく機会があれば選択肢として

“自宅葬”というものが浮かんでくるのではないかと思います。

 

 

実際に、お打合せの中でお話を進めていくと

ご自宅に祭壇を飾れることに驚かれる方が多くいらっしゃいます。

 

 

もちろん、式場で飾るような大きなものでもスペースがあれば

当然飾れますが、ご自宅サイズにすることも可能です。

 

 

そして、生花(供花)も飾ることができます。

 

 

もちろん、スペースによって飾り方は異なりますが、色々な工夫を

して可能な限りご要望にお応えすることができます。

 

 

そして、何よりも生前のお姿をされた故人様と過ごせる限られた

お時間のなかで最大限、お時間を共有することができます。

 

 

普段の、当たり前の“自宅”にいらっしゃる訳ですから色々なことを

して差し上げることができます。

 

 

もしも、少しでも自宅で葬儀ができないかな?とお考えの方が

いらっしゃいましたら是非

東京自宅葬儀社 燈公式ホームページをご覧ください。

 

 

そして、もしご不明点などがございましたら

ご連絡をください。

 

 

 

今回も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

このご縁に心から“感謝”です。