初七日法要【足立区 葬儀】

葬儀のしきたり

ご葬儀の中で、“繰り上げ初七日”とか“繰り込み初七日”という言葉をお聞きになったことがある方がいらっしゃるかと思います。

 

そもそも“初七日”とはどういうものなのでしょうか?

 

仏教では、亡くなられた方は“輪廻転生”といって生まれ変わると考えられております。そして、来世での生まれ変わりの世界がどこになるのか?を七日ごとの審判で決めると言われております。

 

 

ご逝去された、その日を含めて七日。それが最初の審判の日であり“初七日”と呼ばれております。そしてその七日の括りを七回繰り返し四十九日目に生まれ変わる先の世界や条件が決まるとされております。

 

その中での、最初の審判の日=初七日は故人様が

“三途の川”に辿り着く日と言われております。

 

そこで、不動明王とよばれる仏様に審判を仰ぎます。その結果次第で三途の川が激流になるか、穏やかな流れになるか?が決まると言われております。

 

この日の審判が少しでも良い条件になるように、この世の者が応援するのが初七日法要と言って良いかと思います。

 

初七日は、故人様が亡くなられた日を含めて七日後になります。

通常、ご葬儀の準備などで2~3日は掛かることが多以下と思います。そうすると、その3~4後にまた集まって法要を行うのは難しいということで近年では、初七日をご葬儀の日に繰り上げて一緒に行うことが多くなっております。

 

本来であれば、初七日・二七日・三七日・・・七七日、全てが大切な審判の日ですのでしっかりとご供養すべきなのでしょうが、多くの方は最初の初七日と最後の審判となる四十九日に法要を行っております。

 

東京自宅葬儀社 燈では、忌日表というものを作成してご家族様にお渡し致します。七日の括りですので、曜日をお伝えすると二七日以降のご供養もご家族様だけでも忘れずにしてくださるかと思いお渡ししております。

 

 

今回も最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございます。

 

 

このご縁に心から“感謝”です。

 

 

株式会社 東京自宅葬儀社 燈は足立区を中心に葛飾区、江戸川区、荒川区を含む23区。埼玉県では八潮市、草加市、三郷市、越谷市、川口市、さいたま市周辺。千葉県では、柏市、松戸市、市川市、我孫子市を中心とする西葛地区で、幸せなお葬式をモットーにご葬儀のお手伝いをさせて頂いております。

 

 

 LINEの友だち追加