足立区在住の方から家族葬と言われたときのお香典はどうしたら良いですか?というご質問をいただきました。

葬儀のしきたり

足立区にお住まいの方から、家族葬の時のお香典について

ご質問をいただきました。

 

 

ご近所で顔見知りという位のお付き合いだったそうですが、

その家のお爺ちゃんがお亡くなりになったそうです。

 

 

ご家族の方から、

『家族葬で身内だけで送り出しますので・・・』と言われて

お香典をお渡しして良いものか?とお悩みになっているそうです。

 

近くの葬儀社の式場で通夜・葬儀を執り行うそうです。

 

この場合、『家族葬で身内だけで』と言われておりますので、

お通夜や告別式に参列はされない方が良いかと思います。

 

 

しかし、知っている方がお亡くなりになって知らん顔というのは

あまりにも・・・と思われたそうなので、直接ご自宅に伺って

お話をされることをお薦めいたしました。

 

 

ご葬儀の準備などで、色々と大変だとは思いますが

お話を少しするくらいのお時間はいただけると思います。

 

 

お香典をご用意して、家族葬とはお聞きしておりますが

お線香だけでもあげさせてもらえますか?という感じで

ご訪問してみてください。

 

 

もしご自宅にご安置されていらっしゃるようなら、枕飾りを

されていることが多いかと思いますので、ご自宅でお線香を

あげさせてもらい、その際にお香典をお渡ししてみて下さい。

 

もし、完全に香典辞退というカタチをとっていらしゃるなら

お断りされるかと思います。

 

 

でも、地元で長いお付き合いがある場合などは、

以前こちら側に不幸があった時にお香典をいただいている場合

などもあるので難しいです。

 

 

ただ、お香典はお気持ちとしてお渡しするものですから

それでお互い不愉快になるような結果は望ましくないと思います。

 

 

その場合、ご心痛を考えご遺族のご意向をくみ取って差し上げるのが

良いと思います。

 

 

もし、ご自宅ではなく葬儀社の霊安室などでご安置している

場合には、ご面会に行っても良いか?とかお通夜だけでも会葬

に伺っても良いか?をお尋ねして、先方のご意見をお聞き下さい。

 

 

やはり、顔見知り程度であっても知っている方がお亡くなりに

なるということは何か感じるものがあるかと思います。

 

 

そして、なにかして差し上げたいと思われる方も多いかと思います。

 

 

 

ただ、ご葬儀で想いを伝えるのはお香典だけではありません。

 

 

お香典はお断りされたとしても、お花を持って行かれても

良いかと思いますし、後日、お線香なを持ってご挨拶に行かれても

良いかと思います。

 

 

故人様への追悼の想いが、何らかのカタチで届けば良いと

思いますので弊社も色々な角度から考えてご供養になるカタチを

考えていきたいと思います。

 

 

 

今回も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

このご縁に心から“感謝”です。