足立区在住の方からご葬儀についてのご質問をいただきました。

ブログ

足立区にお住まいの方から、『御霊前』『御仏前』の使い分けについてのご質問をいただきました。

 

 

お通夜やご葬儀に参列されるときに使用する『香典袋』ですが、これを『御霊前』『御仏前』のどちらでお持ちすればよいかがわからない!というご質問でした。

 

 

基本的な考え方は、“仏”様になっているかどうか?ということで

使い分けると言われております。

 

 

これは、宗派によって考え方が異なりますのでご注意下さい。

 

 

一般的には、四十九日を迎えて最後の裁きを受けて“仏”様になる

という考える方が多く、だとするとお通夜や葬儀式の時点では、

まだ“霊”ということになり『御霊前』をお使いになる方が多いかと

思います。

 

 

浄土真宗などでは、“往生即成仏”ということで、お亡くなりになると

すぐに成仏ということで“仏”様になると考えられているようです。

 

 

ただ、御香典をお持ちする際に先方の宗旨がわかっているというのは

なかなかないと思います。

 

ですので、お通夜や葬儀式では『御仏前』と書いてある袋を

お使いいただくか『御香典』と書かれたものを使用するのが

良いかと思われます。

 

 

それでは、四十九日法要を繰り上げて三十五日で行った場合には

どうするの?というご質問もいただきました。

 

 

厳密に言えば『御霊前』になるのでしょうが、実際には

四十九日法要は【仏様になりましたよ】という法要なので

『御仏前』と書かれた袋を使うのが一般的かと思われます。

 

上記は、御式が仏式で行われることを前提にお書きいたしましたが

【神式】だったり【キリスト教】だったりすることもございます。

 

 

神式では、『玉串料』『御神前』。キリスト教では『御花料』と

書かれたものを使うのが一般的ですが、事前に知らなかったという

こともあり得ます。

 

神式においても、キリスト教においても“霊”という考え方は

あるので、『御霊前』の袋を使っていれば問題はないと言われて

おります。

 

 

ご葬儀の場合、そのご家族に宗旨などを聞くということは、なかなか

難しいと思いますので、一般的な作法にのっとって袋をご用意すれば

よろしいかと思います。

 

 

深読みしすぎて、間違えた場合には逆に

『知らないのかな?』と思われてしまう場合もあるかと思いますので

ご注意ください。

 

 

今回も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

 

 

このご縁に心から“感謝”です。