葛飾区にある想送庵カノンさんで供養コンシェルジュの勉強会

ブログ

葛飾区にある想送庵カノンさんで供養コンシェルジュの勉強会

に参加してきました。

 

 

今回は、これからの葬儀の在り方についてのお話を色々な

角度からお話し合いができるということで楽しみにしておりました。

 

参加されていらっしゃった皆様は、本当に真剣に“供養”ということに

ついて考えていらっしゃる方ばかりで、とても勉強になりました。

 

 

葬儀社として、こういった場所で本気で供養というものに

向き合わせていただくということは、本当にありがたいことです。

そして、これだけ意識の高い方たちのなかで、様々な角度からの

ご意見やお話を聞けるということに心から感謝いたします。

 

 

東京自宅葬儀社 燈では、コロナというものが発生するずっと前から

今までの葬儀の主流には沿わないカタチの葬儀をご提案させて

いただいて参りました。

 

 

葬儀社主導で、『やりやすさ』を重視してしまったり、特に理由は

なくても『一般的にそうだから』といった理由で行われる葬儀に

疑問をもち続けて参りました。

 

 

人生のなかで、苦楽をともにし、もっとも長い時間を一緒に

過ごしてきたご家族が『こうしたい!』と思う葬送以外に

正解なんてないと考えております。

 

 

そこで、弊社のモットーは『できない!とは言わない!』です。

 

 

もちろん物理的に無理というものは、除外致しますが

ご家族の望むことを具現化するために全精力を注ぎます。

 

家から送りたいけど、家が片付いていないという方がいらっしゃれば

片付ければ良いだけ!我々、燈スタッフの力でできる限りの

お手伝いをさせていただきます。

 

 

できない理由を並べずに、どうすればできるかを

社をあげて考えます。

 

 

そうすれば、必ず活路を見出せると信じております。

 

 

100%お客様の望む通りにはいかないことがあったとしても、

それに近づけるように、全力を尽くす。

 

 

それが、弊社の信じる葬儀社の在り方です。

 

 

今後、コロナ禍で葬儀の在り方もどんどん変わっていく事と

思います。しかし、東京自宅葬儀社 燈ではそもそも、ご家族の

望む送り方を全力でサポートするということが使命だと考えて

おりますので、なんら変わることなく葬儀をお手伝いし続けて

参ります。

 

 

そして、弊社はご自宅からのお見送りを推奨しておりますが

今までも様々な理由でそれが叶わないというご家族もいらっしゃい

ました。

 

 

そんな時に、ご自宅に近い環境だったりもしくはサービスという

観点からはそれ以上の環境から送りだすことができる場所として

想送庵カノンのような施設があってくださることは、本当に

ありがたいことです。

 

 

以前にも、ブログで書かせていただきましたが

カノンさんは社長様をはじめ、スタッフの方々の供養に携わる

ということに対する覚悟や考え方には感銘を受けます。

 

 

そして、いつも供養や葬儀について考えるときに

ヒントとなる情報をくださる吉川さんをはじめ、供養について

非常に意識の高い皆様と貴重なお時間を共有させていただく

ことができましたことに感謝です。

 

 

今回も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

このご縁に心から“感謝”です。