ご葬儀について事前に何を考えておくべきかについて

ブログ

前回からの続きになります。

 

前回の最後にお書きしました、『お骨の行き先』

ということですが、そんなに重要なの?とか、そんなの後で

いいんじゃないか?と思われ方もいらっしゃると思います。

 

 

その通りです。まだ、お墓などのお骨の行き先が決まっていない

という方に、急いで決めて下さい!と言っている訳ではありません。

 

もし、お寺の墓地にお墓があるという方やこれからお寺のお墓を買う

という方は、やはりそのお寺のご住職に戒名をいただいたり

お経をあげていただいりしなくてはなりません。

 

菩提寺というものがある方は、菩提寺のご住職の考えというものが

多分に影響してきます。

 

 

例えば、日程。お通夜や告別式などのスケジュールもお寺さんの

スケジュールと合わせなくてはなりません。

 

 

また、一日葬がいいと思っていてもその菩提寺の作法としては、

一日葬はダメと言われてしまうこともございます。

 

そういったこともございますので、お骨の行き先というよりも、

菩提寺という繋がりをもっているか?またはもつ可能性があるか?

ということです。

 

 

お墓は買わないとか、霊園にすると決めている方や海洋散骨にする

などの方は、ご自身やご家族で考えるご葬儀を行うことができます。

 

あとは、お考え頂きたいのは

宗教者が必要か?ということです。

 

やはり、日本人の多くの方は

お葬式=お坊さん(お経)というのが頭にあるようで、

やっぱりお経がないと・・・という方も多いかと思います。

 

 

もちろん、燈では各宗派のお坊さんと提携をしておりますので

ご紹介をすることはできますが、どの宗派にするのか?

ということは、ご家族様に決めていただきます。

 

実家の本家の宗派にしよう!とか、弘法大師が好きだから

真言宗にしよう!。もしくは、南無阿弥陀仏と言いたいから

浄土宗にしよう!など色々とお考えいただき宗派を決めておく

というのも良いかもしれません。

 

 

そして、戒名をいただくかどうか?ということも考えておいて

いただくと良いと思います。

 

簡単に申し上げますと、あちらの世界での名前です。

あちらの世界でお釈迦様の弟子ですよというのがわかるように、

お釈迦様のお弟子さんである、僧侶の方からお名前を授かるという

ことになります。

 

 

もちろん、戒名がないという方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

その場合は、俗名(生前に名乗っていたお名前)のままです。

 

 

このあたりまで、考えておくと良いかもしれません。

 

私どもは、葬儀社であって宗教者ではありませんので

何が正しいとか何が間違っているということは言えません。

冷静な時に、どうするか?を考えておいていただくことを

お薦めさせていただいているだけです。

 

色々と考えている中で疑問がある場合には、是非

ご連絡くださいませ。

 

 

今回も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

このご縁に心から“感謝”です。