ご葬儀の多くは仏式で行われるので・・・

ブログ

日本でのご葬儀の多くは仏教の教えに基づいた“仏式”で

行われます。そこで、自粛の間に仏教について理解を深めよう

と思いまして、「ブッダの教え」という本を購入してみました。

1日1話で1ヶ月で色々な悩みを解決するという本です。

 

 

気付いたことなどをブログに書かせていただきまして、お読み

いただいております、どなたかの心に届けばと思っております。

 

1日目に書かれていたことは、

「心の畏るべきこと 毒蛇悪獣怨賊大火よりも 甚だし」

これは、コントロールの難しい人間の心というものは、

毒蛇(どくじゃ)や残忍な賊(ぞく)よりも恐ろしいという意味

だそうです。

 

 

そして、心をこんな風に恐ろしいものに変えてしまう原因が

“煩悩”これは欲望とも言い換えることができるそうです。

 

 

仏教では、この煩悩をなくすことを目標にしているそうですが、

普通に生活をしている私たちが、煩悩を完全に捨て去ることは、

不可能と言っても過言ではない。

 

 

ではどうしたらよいのか?

 

 

ここで書されている、実践方法は、

煩悩を生み出す、心と向き合うこと。

 

 

欲が感情を上回った時には、この欲を生み出しているのは

自分の心なんだと認識し、深く深呼吸をして感情をコントロール

するということでした。

 

 

また、「できていないこと」ばかりを見るのではなく

「できていること」も見る。という風にも書かれており

自分の感じ方や見方を変えると少し余裕ができて、感情を

コントロールしやすくなるようです。

 

 

実際、日々の生活の中でイライラがたまってくる時って

嫌なことばかりが目についてしまいますよね。

でも渦中にいるとそれに気づけずに、進んでしまう。

そんな経験は、数え切れないほどあります。

 

 

今も、すごくストレスのたまる状況の中で皆様も私も生活を

しているかと思います。そんな時には、落ち着く場所で

深呼吸をして、「できていること」、「良いこと」を思い浮かべて

みるのはいかがでしょうか。

 

 

 

今回も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

このご縁に心から“感謝”です。